Golf Instruction

【天候に左右されない】インドアゴルフ練習場を使うメリットとは

都心でも気軽に行ける

快適に様々な練習が可能

レディ

都心で生活しているとゴルフとの接点はあまり多くありません。広大な土地が余っていない為、河川敷などに行かない限り街中のゴルフ練習場の数は決して多くないのです。また、都心では電車移動が多くなるので大きなキャディバッグやクラブバッグを持って電車移動をすることは荷物が増えて邪魔になってしまいます。しかし、都心で生活していてもゴルフの練習を気軽に行える場所があります。インドアのゴルフ練習場です。練習には広大な土地を使わず、大型画面のシミュレーターを使います。インドアのゴルフ練習場でできることの特徴の一つとして、シミュレーターを利用した様々な場面を想定した練習ができることが挙げられます。ショートホールの練習や距離を想定したアプローチの練習は、シミュレーター画面の風景を見ることで屋外のゴルフ練習場よりも具体的な場面を想定して行うことができます。また、インドアなので雨や風の心配もありませんし、空調完備なので快適に練習する事ができます。プレーの観点からも、インドアのゴルフ練習場では打球の行方を追う必要が無い為、自身のスイングに集中する事ができる点やスイング解析機などの機器が打ちっ放しのゴルフ練習場より充実していることが多くある点から、スイング改善目的ではインドアのゴルフ練習場での練習は上達への近道として人気です。もちろん貸しクラブや貸しシューズ等練習に必要な物は揃っていますのでキャディバッグなど大きな荷物を持たずに手ぶらで気軽に立ち寄ることができます。

それぞれに魅力がある

ボールとクラブ

東京では様々なゴルフレッスンが展開されています。都心など土地が広くない場所ではインドアゴルフがメインになりますが、東京には屋上の広さを活かした打ちっ放しの練習場もあります。都心を外れると地上での打ちっ放し練習場もあるので、都合に合わせて選ぶことが可能です。なお、東京の練習場でも個人レッスンやグループレッスンが受けられます。インドアゴルフレッスンの良さは、天候に関係なく練習が出来るということと、手厚く指導してくれるインストラクターがいるということです。屋外のようにボールの行方が分からないというデメリットを逆手にとって、スイングに集中させるというのが指導の基本です。屋外だとつい飛距離に意識が向いてしまうという人も、いつもは気付かない癖などに気付くことができます。インストラクターの知識に加えて画像などでフォームの解析をしてもらうことで、客観的に見ることも可能です。インドアゴルフレッスンは、屋外で行うゴルフレッスンよりも指導の効果が早く出る可能性が高いです。インストラクターにフォームのチェックをしてもらいその場で打てば、きちんと修正できているかどうかがはっきりします。こちらもできればカメラなどで撮影してくれるレッスンを選びたいところです。やや少数派になるものの、東京にはグループレッスン制を導入しているところもあり、仲間作りできることが魅力となっています。共通の趣味を持つ仲間と共に練習しコースを回れば、上達するだけでなく人生に潤いをもたらしてくれるでしょう。

様々な費用をカバー

ゴルフ場

ゴルファーの間で加入する人が多いのがゴルフ保険です。怪我など人に対する保障やゴルフクラブの盗難、破損などモノに対する保障を行う保険となっており、ゴルファーにとっては安心感の高い保険となっています。そのゴルフ保険の中で特徴的な保障内容となっているのがホールインワン保険です。ホールインワン保険とはその名の通り、ホールインワンを達成した際の諸々の費用をカバーしてくれる保険となっています。ホールインワンを達成した際には同席した人や関係者を招き祝賀会を開くのが一般的となっており、その費用は規模によっては数十万円に及ぶケースもあります。祝賀会は必ずしも行わなければいけないというモノではありませんが、慣習化しており、周りに勧められるケースも少なく無いのが実情です。ホールインワン保険ではそれらの費用をカバーしてくれるので、気持ち良くホールインワンを喜ぶ為にもホールインワン保険に加入しておくのが賢明と言えるでしょう。なお、ホールインワン保険の適用範囲は祝賀会の費用だけに留まりません。ホールインワンを達成した人の中にはゴルフボールやクリップマーカー、クオカードなどを記念品として同席した人に配る人もおり、ホールインワン保険ではそれらの費用もカバーしてくれます。更にホールインワン達成の証明として、基本的にキャディーを付けてのラウンドでなければホールインワン保険の適用とならない為、感謝の意を込めてキャディーにチップを渡すケースもあり、ホールインワン保険ではそのチップ費用までを賄ってくれるものも存在しています。